代表メッセージ

シープランニング代表
井本 恒雄

ITファシリティを軸にした
多面的なマネジメント会社として
メンバーと組織が共に成長し続ける
企業を目指します。

めざすのは、メンバーと組織の成長の
バランスが良い会社です。

僕が知る限り、シープラのような「ビジネスインフラ・マネジメント・サービス」を提供している会社は皆無でしょうね。我々のサービスは、「オフィス環境」「IT環境」「財務環境」から成るファシリティ(働く環境)において、ITサイドと総務サイドを相互にリンクして効率化を図るコンサルティング業務です。近年、企業のアウトソーシングは急速に進んでいますが、それぞれの部署がバラバラに統括しているために無駄も多く、莫大なコストを要しているだけでなく、様々な解決すべき課題を抱えているのが現状です。このような実情を踏まえ、オフィス環境下におけるあらゆるコンサルティングサービスを行うのが我々の役割です。コンサルティングといっても、単に口を挟むのではなく、クライアント先に常駐し、引越しの手伝いからレイアウト変更、PCの設置等、上流工程から下流工程までの実作業をきっちりとフォローできる体制を整えているのが、当社の強みでもあるのです。

僕自身の人生の集大成が、
シープランニングという会社になった。

当社が、このように珍しい「ニッチ」ともいえる企業体となったきっかけは、僕自身が歩んできた経歴にあります。清水建設では設備部門、リクルートでIT部門に在籍し、それぞれのフィールドで余すところなく吸収した知識を糧に、常に新しい課題に挑戦してきたつもりです。いろいろと大変なこともありましたが、今にして思えば「仕事を楽しむ」という考え方はこの時代に培われたものかもしれません。「若い頃の苦労は買ってでもしろ!」ではないですが、シープラは「仕事を楽しむ」こと、そして、「仕事を楽しみながら成長すること」を大前提とした会社です。「ようこそ、シープラへ」。成長の舞台はここにあります。

会社は個人の集合体。
だから一人ひとりの成長が会社の成長につながる。

今後の課題を挙げるならば、一人ひとりの個性を見極めて、それを伸ばしていけるような環境の整備でしょうね。人間とは面白いもので、実に多彩なキャラクターがいます。当然、当社もそうなのですが、やはり、「楽しく仕事をする」にはストレスを抱えていては無理です。だからという訳でもないですが、一人ひとりの社員に対しては細かく面倒を見る方かもしれませんね。いや、ただ飲みに行きたい口実にしているだけかもしれませんが(笑)。でも、それがコミュニケーションの一助になるのであれば、経営者として当然のことでしょう。僕自身があまり大上段に構えるのが好きじゃないし、歯に衣をきせたような言い回しも苦手なので、結構、何でもフランクに意見を言い合える環境づくりを心がけています。

もっとフレキシブルに「人が育つ」土壌をめざしたい。

僕が代表を務めているから仕方ないですが、今はまだ「井本のシープラ」というカラーが根強く残ってしまっています。「それではいけない!」と強く感じており、極力、他のスタッフに仕事を振り分けるようにはしているのですが、ふと気づくとまた僕が仕切っています(笑)。基本的に「現場が好き」なのですね。でも、経営的に考えると「人を育てる」という本来の趣旨と逆行しており、最近は極力「黒子に徹する」ようにしています。元々、「シープランニング」という会社は、個性のぶつかりあいみたいな組織ですし、「こうあるべきだ」という既成概念もありません。だから、枠にとらわれずにいくらでも多彩に伸びていってほしいのです。例えば、今はITファシリティを軸とした事業形態を採っていますが、現在のビジネス領域以外でも「やりたい」という社員がいて、その事業計画自体がしっかりしたものであれば、会社として積極的に応援していきたいと考えています。常に「ビジネス多面体」として、社員と共に成長し続ける企業でありたいと思っているのです。

共に感動を分かち合えるメンバーとして活躍してください。

僕自身、仕事というものは「自己実現」の究極の形と認識しています。一人ひとりの個人が頑張ることによってクライアントに喜んでいただき、また、一社会人として世の中に貢献できる。まさに、個人の成長をサポートするにふさわしい独壇場です。有難いことに企業からのニーズが急増している今、我々が得意とするITファシリティの領域は、今後益々、様々なフィールドへの挑戦が求められていくでしょう。現状、提供しているサービスのクオリティはそのままに、様々なクライアント・ニーズに応えながら、企業のバックヤード・オフィスとして、あるいは、常に万全の信頼をいただけるパートナー企業として、時代の一歩先を歩み続けていきたいと考えています。「会社はみんなで創り上げていくもの」というポリシーのもと、共に感動を分かち合えるメンバーとしての活躍を期待しています。