社員メッセージ

太田

自由な集団の中で、社会人としてのコアスキルを鍛えるところ。
それがシープランニングです。

太田
30代 / 入社12年目 / マネージャー

  • 現在のお仕事を教えて下さい。

    プロジェクト、チームマネジメント、
    自社の経営企画部門という三足のわらじで活躍。

    現在メインで担当しているのは、制作会社であるお客様先の社内システム・アプリケーションを一新するというプロジェクトです。お客様先企業に常駐し、社内・社外の制作部隊とやり取りしながら、システム・アプリ移行に伴う新ルールの策定・周知などを行っています。お客様のコア業務に直結する仕事ですから、業務影響に細心の注意を払いながら仕事を進めています。

    加えて、別のお客様先に常駐しているチームのマネジメントや、自社の経営企画部門で全社施策の立案やサポートも行っています。

  • 印象に残っているお仕事は?

    なにもかも初めてづくしで任された、
    自社の人事制度改革。

    様々なお客様先やプロジェクトなどを経験してきましたが、自社の人事制度を作り替えたのは記憶に残る大仕事でしたね。それまで現場一本だった自分が初めて自社の人事部門に配属され、初めてマネージャーに登用され、初めて部下ができて…という、全てが初めて尽くしでしたから。

    そもそも会社の人事制度を作り替えるということ自体が大ごとです。現場の意欲・能力の向上と、企業の価値・業績の向上をどのように両立させるか。メンバーと頭を突き合わせながら一年がかりで作り上げましたが、このような仕事を、初めてづくしの自分に全て任せてもらえたというのは、シープラの懐が深いということなのかもしれません。(笑)

  • 仕事のやりがいは?

    小さな会社だからこその楽しさと、
    大きな会社ならではの醍醐味を実感。

    小さな会社にいながら、大企業の様々な業務を委託されているので、両方のメリットを享受できる楽しみがありますね。

    例えば、シープラの中では自分が考えた意見が通しやすい環境にあるため、やってみたいと思ったことに機動力高く挑戦することができます。

    一方、常駐先企業においては、大きな金額を扱い、たくさんの関係者の先頭に立って物事を進めるという経験ができます。重要な会議でのプレゼンテーションをすることもありますが、その企画を通すことが我々の仕事のスタートでもあるので、気合が入りますね。

  • シープラってどんなところ?

    社会人としてのコアスキルを鍛える場所。

    シープラが手がけている業務は多岐に渡りますが、ひとつひとつの仕事の目的や、周りの業務との関係性を抑えた上で、相手の望む形で表現することが肝要という点は、全ての業務に共通しています。このような、業務の種類に関わらずどんな仕事においても重要な能力を鍛えることができる場が、シープランニングだと考えています。

    作業の習得のみに陥るのではなく、本当の意味で「仕事の力を高めていきたい」という人と一緒に仕事をしたいですね。

  • ずばり!シープラの魅力とは?

    自由な集団であること。
    自ら前進する力を持つ人にもってこいの環境です。

    シープラの一番の魅力は、自由な集団であることだと思っています。これは、代表の井本が「社会人として最低限のラインを守れば自由に好きなようにやって良い」という考え方を持っているからです。

    もちろんこれは、自分で提案した上で、その仕事に責任を負うことができればという話です。私自身に関して言えば、今はマネージャー陣からの発信というかたちで、会社のことを考え、変えていく取り組みを立ち上げ、進めています。誰に頼まれたことでもなく、やりたくて立ち上げたことです。

    自分のやりたいことをやりたいと言える人にとっては、シープランニングという会社はぴったりの環境だと思っています。