軌道修正が得意なリーダー:山平
引き出し上手なムードメーカー:日吉
相手に寄り添う和ませ役:髙原

面接官というよりは、
 本音で話せる
    相談役でありたい

≪ 日吉 ≫  「面接のときは、短時間で信頼を勝ち取ることを目指してる。どんだけ本音を話してもらえるかだと思ってるし、小一時間で信頼される人間になるか、まぁ人と接する時ってそうじゃない?応募者と面接官で喋ってるつもりはあまりないかなぁ」
≪ 髙原 ≫ 「わかります。私も実際自分が応募者だった時に、自分が面接されているって感覚じゃなくて、本音で嫌だったことも話せて、ここの面接に来てよかったなって思えたから、私も一人ひとり本気で聞いてあげたい。この子は、なんで転職するんだろうとか、こっちも本気で考えて、向き合ってあげたいなと思ってますね」
≪ 山平 ≫ 「そうだね。最後に、来てよかったなーって思って帰ってもらいたいよね。選ぶ側でもあるし、選ばれる側でもあるからね。シープラの面接には、転職相談くらいの気持ちで、気軽に話しに来てほしいなぁ。まだ迷ってる段階でもいいし、むしろ一緒に悩みたいよね。」
≪ 日吉 ≫ 「ですね。だから、質疑応答のようにこっちが質問して、用意した答えをもらうっていうより、色んな”会話”をしたい。アイスブレイク多めだよ、用意してきた答え聞かなかったらごめんね(笑)」
(全員爆笑)
≪ 髙原 ≫ 「実際よくありますよね(笑)。でも、言い残したことないですか?って最後に聞いてるので、アピールの場はありますよ!!」
  • シープラのあの人から
    もらった
    “名セリフ”

”採用は、お互いHAPPYなほうがいい”

代表井本の言葉。入社してから、本人も「この会社に決めて良かった」と、シープラも「この子を採用して良かったな」と、お互いに思いたい。入社してからのギャップを少しでもなくしたい。そんな採用を目指してほしい。

Schedule

  • 1.ヒアリング
    事前に、わからないこと・知りたいことをヒアリングシートに記入してもらいます
  • 2.会社説明(30分)
    先ほどのシートをもとに、応募者の皆さんが知りたいことを中心とした会社説明を行います
    いっぱい聞いてください!
  • 3.面接
    よくある質疑応答形式ではなく、”会話”を大切にしています
1.ヒアリング
事前に、わからないこと・知りたいことをヒアリングシートに記入してもらいます
2.会社説明(30分)
先ほどのシートをもとに、応募者の皆さんが知りたいことを中心とした会社説明を行います
いっぱい聞いてください!
3.面接
よくある質疑応答形式ではなく、”会話”を大切にしています

Comment

採用チームには、シープラ新メンバーとなるかもしれない応募者が入社前のイメージと入社後の実感に極力ギャップを感じないように「会社のあるがまま」を説明しててほしいとお願いしています。彼女たちなりに僕の想いを実現してくれていて、是非これからも新たな発想で、わかりやすい会社説明の場をつくってもらえればと思います。【井本/代表】
  • Message

シープラの面接は、お互い摺合せの場にしたいので、なんでも話せるし、なんでも聞けるって思ってもらっていいです。あれ話さなきゃこれ話さなきゃって作り込み過ぎないで、一緒にここで考えてもいい。みなさんには面接を楽しんでほしいし、私たちも楽しみたいです!!待ってまーす♪

View More